人と企業のまんなかに とうざい株式会社

請負と派遣について

HOME > 請負と派遣について

請負と派遣の違い

告示37号により、請負と派遣が明確に区別されています。


とうざいにおきましては、派遣番号の許可・取得により、請負・派遣と両面でのご契約とご対応が可能です。
また、求人者・求職のニーズにあわせた職業紹介を行うことも出来ます。


請負と派遣のメリット・デメリット

請負


リスクヘッジが可能(雇用・労災等)
人件費の変動費化(外注費として計上が可能)
業務委託による管理の効率化が可能
長期的な視野でのアウトソーシングが可能
事業展開の迅速化が可能

貴社での指揮命令、社員混在も含めて共同作業ができない
コンプライアンス面での整備が煩雑
社内ノウハウの蓄積
人の選択ができない
構内外注でのセキュリティ低下

派遣


貴社での指揮命令が可能
コンプライアンス面での問題が少ない
採用と初期教育の手間が省略できる
期間限定での活用に有効
人件費の変動費化が出来る

派遣業法上の制限(業種・派遣期間等)
習熟を必要とする部署には配属が難しい
期間終了後に貴社直接雇用の努力義務が発生
管理監督責任の発生
第三者的視点による改善・改革がない